KCA house オープンスタジオ 2013

アーティスト柳健司氏の自宅兼スタジオ「KCA house」で行われる
オープンスタジオ2013」にて茶会を致します。

柳健司氏は国内外で多彩に活躍している現代アーティスト。
空間や身体的記憶を観る者に喚起させるインスタレーション作品は興味深いものがとても多く、ミニマムな表現方法でありながらその奥行きの深さに魅了されます。
作品の写真はこちらから見られます。
越後妻有トリエンナーレに出展されていたり、立川駅にある赤いフレームの作者だったり、
柳氏の作品をどこかで目にしている方も多いのでは。

ゼロから自分の手で作った自宅を開放し、作品を展示するオープンスタジオは
2009年に始まったとのこと。
今回、小堀芙由子は、アメリカ人アーティストKjell Hahnとのコラボレーション茶会で
参加することになりました。

Kjell Hahnと小堀芙由子は、このオープンスタジオのために庭に茶室を拵え、
限定の茶会をいたします。
9/22(日)のオープニングイベントのほか2日、計3日間のみ使用され後に解体されてしまう、
特別な茶室です。
また、陶芸家でもあるKjell Hahnは現在、この茶会のためだけの茶道具を制作中。
茶道具はその場でお求めいただけます。

会期中は、田中泯氏、村田峰紀氏のパフォーマンスのほか、和太鼓、クラシックなどの演奏、
トークショーなども開催され、見どころたくさんです。

都心からはいささか離れておりますが、周辺には歴史的におもしろいスポットも多く、
自然豊かなところでもあるので、小旅行がてらとても楽しめる地域です。
高泉質の湯郷白寿は誰もにお勧めできる良い温泉です。
ご要望があれば、茶会の前後で周辺のスポットをご案内することも可能です。

是非お誘い合わせの上、遊びにいらしてください。


KCA house オープンスタジオ 2013
会期   2013年9月22日(日) – 10月14日(月祝)
開場時間 11:00 – 18:00
閉場日  火曜日
会場   KCA house
入場料  無料

小堀芙由子 × Kjell Hahn『茶会』

茶会日程
9月22日(日)11:00- /13:00-
9月28日(土)11:00-
10月5日(土)11:00-

茶会会費
2,000円 (抹茶、お菓子付)
要予約 1席5名様限定

会場
住所: 〒367-0225 埼玉県本庄市児玉町飯倉154-45
アクセスはこちらをご覧ください。

ご予約
予約専用電話 080−3604−8044にお電話していただくか、または
こちらにご連絡ください。

主催   YANAGI KENJI studio
企画構成 柳 健司
後援   本庄市、本庄市教育委員会、埼玉新聞、上毛新聞
協力   前川様、秋山画廊、株式会社ウッディウォール、本庄市中央公民館
参加事業 さいたま美術展<創発>プロジェクト

KCA house OPEN STUDIO 2013 特設サイト

コラボレーション茶会「見ぬ世の友」

ミュージシャン深水郁さんとのコラボレーション茶会「見ぬ世の友」を開催します。

有名な国宝の古筆手鑑から拝借したタイトル「見ぬ世の友」、その出典は徒然草より「ひとり燈火のもとに文をひろげて、見ぬ世の人を友とするこそ、こよなう慰むわざなれ」。

茶室で一人、古くから伝世してきた道具と向き合っている時、全くそんな気持ちがするものです。
モーツァルトやバッハ、大好きな音楽家が書いた名曲を奏でているときも、自然とその時代の空気やその音楽家の息吹を感じ取って演奏している。
アートというものは人間という小さく儚い生き物の小さな営みでしかありませんが、それが時を超えて伝わり、想いをつなげていくというのは奇跡のように素敵なこと。

お茶と音楽、その二つに共通するもの、「見ぬ世の友」。
どうか見にいらしてください。

今回ご一緒する深水さんは福岡県出身のピアニスト/シンガーソングライター。
ご自身で作詞作曲した歌をユニークな声で歌い上げる独特の弾き語りスタイルは「コンテンポラリーわらべうた」と呼ばれています。
CMソングも多く作っていて、その中でも「伝統にんにく卵黄」のCMは皆様も聞き覚えがあるのでは?
「ばぁーちゃんの口ぐせ、うがい手洗いにんにく卵黄♪」という一度聞いたら忘れられないあの歌、実は深水さんが歌っています。

ミュージシャンとしてのみならず、朗読をしたり、絵を描いてDMを作ったり、お店の内装ペイントをしたり・・とどこまでも多彩な深水郁さんとのコラボレーション茶会。
何が飛び出すのでしょうか?
乞うご期待です。

「見ぬ世の友」

7月20日(土) 15:00~

アーティスト
深水 郁 (歌、ピアノ、朗読)
小堀 芙由子(茶道)
 
入場料
3000円(1ドリンクーアルコール・ノンアルコールーと抹茶・お菓子付き)

要ご予約・30名様限定

会場 
四谷三丁目 綜合藝術茶房喫茶茶会記
(新宿区大京町2-41F 03-3351-7904)

ご予約
info@fuyukokobori.com までご連絡ください。

見ぬ世の友 DM

見ぬ世の友 DM

茶会「水、急にして」

お世話になっている一品更屋さんの名を冠した、その名も「一品更屋展」で茶会をさせていただきます。

一品更屋さんは、現代の茶の湯のあり方を独自に追求しているアーティストユニットです。
「茶ガール」という言葉を生み出し、茶の湯の新たな可能性を広げるべく、展覧会のプロデュース、茶道具アワードの開催など、幅広く活躍されています。
一昨年には「茶ガールの休日」(小学館)という著書を発刊され、TV番組や雑誌などメディアからも今注目を集めています。

今回私は表参道hpgrp GALLERYでの「一品更屋展」内イベントの一つとして、会場の茶道具を使って添え釜をさせていただきます。

なお当日は会場となる青参道周辺で七夕祭が行われ、うちわを片手にした夏着物の方々で通りが賑わうもよう。

こんにちの「アートと茶の湯」を体感しに、是非足をお運びくださいませ。

一品更屋 展

2013.06.27 ( thu ) -2013.07.21 ( sun )

ARTIST
村山まりあ、宮原夢画、川久保ジョイ、箕浦徹哉、井上絵美子、秋濱克大、大中和典、尾崎迅、熊谷峻

GALLERY
hpgrp GALLERY TOKYO

会期中hpgrp GALLERY TOKYOにてお茶会とトークイベントを予定しております。
参加ご希望の方はメール( art@hpgrp.com )にて事前にお申し込みください。

■7月7日(日) 小堀芙由子 (茶湯)
時間:13:00~、14:30~、16:00~、17:30~
定員:各回5名
参加費:1,500円

暫く

長らくこちらのお知らせを書きませんでしたが、更新してまいります。
テスト

ラジオ出演

小堀芙由子がFMヨコハマ「いつもふたりで・・」ゲスト出演

とき

2012年2月12日(土)
7:00PM〜8:00PM

ところ

FM84.7


FMヨコハマ(84.7)の番組「いつもふたりで・・・」にゲスト出演します。
DJは渋谷亜希さん。
小堀遠州流について、これまで参加したイベント、茶の湯への思いなど語りました。
是非お聞きください。

Web: FMヨコハマ

Web: 「いつもふたりで・・・」

Upcoming-Event-Radio

ワークショップ「喫茶去はじめ」

「あゆみち」展

イベントについて

とき

bejika_hitsuki_ayumichi_exhibition_komagome

茶の湯を気軽にたのしむワークショップ「喫茶去はじめ」

「暮らしの中の器」をつくる鈴木ゆみえさんたちの展示会「あゆみち」展内のイベントです。
小堀遠州流・小堀芙由子といっしょに、茶の湯を気軽に楽しんでみませんか?
まずお抹茶の点て方とお茶(お茶会)の楽しみ方を学びます。そのあと、小堀芙由子による小さなお茶会を楽しんでいただきます。クリスマス・パーティーではお抹茶をふるまえるようになります。
もちものは必要ありません。
どうぞお気楽におこしください。

参加費:2000円(抹茶2服+和菓子つき)

2011年12月23日(金・祝)

4:00PM〜6:00PM

ところ

古民家ギャラリーひつき

住所:東京都文京区本駒込1-25-5

電話番号:03-6304-1988

Web: べじかとひつき

「茶ガールの休日」伊勢丹

伊勢丹新宿

イベントについて

とき

Cha Girl Fuyuko Kobori Tea Ceremony Isetan Department Store in Shinjuku.  Tokyo, Japan

伊勢丹新宿店5Fにて行われた「茶ガールの休日」展

Design by Fuyuko Kobori.

「茶ガールの休日」の本をアマゾンで買う事が出来ます。

Admission is free. All are welcome to attend.

12-6-2011

1PM to 6 PM

ところ

新宿伊勢丹デパート

住所: 5F 新宿3-14-1

Web: 伊勢丹

本「茶ガールの休日」

本出版

Description

Date

Fuyuko-Kobori-Chagirl-Book-Sample

This book is all about Cha-Girl.
The PR group Ippin Saraya who started the Cha-Girl movement made the book for the “Cha-Girls’ holiday” exhibition.

Fuyuko Kobori is on this book.

Book available at Amazon